【緊急経済対策】小粒で力不足、本格的に補正予算を組むべきだ。民主党は何を恐れているのか。

 民主党政府が決定した緊急経済対策の評判がすこぶる悪い。
 それも当然、国の財政支出は4000億程度のミニ経済対策であり、力不足は明らかです。本来であれば、補正予算を編成すべきものを予備費で対応する。予備費でやるなら、もっと早くできたはずが、私達の納得のいかないところであり、経済対策をやりましたのパフォーマンスとしか見えないのです。
 なぜ補正予算が組めないのか。それは国会審議を恐れているとしか言いようがありません。責任放棄が民主党のすべてだと言えましょう。
 山口代表は、党首会談で、もはや「レームダック(死に体)状態」と見抜きました。近隣諸国は、「近いうちに信を問う」政権と名にも話す気はないのです。であるから、一日も早く衆議院を解散して新しい政権による来年度予算編成をすべきです。
 政治の役割は、議員の身分を守ることではありません。何のための政治なのか。国民の生活を守って欲しい。そのために年内総選挙を求めたいと思います。

“【緊急経済対策】小粒で力不足、本格的に補正予算を組むべきだ。民主党は何を恐れているのか。” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。