2021年の年頭に当たり/悪戦苦闘を突き抜けて希望のあしたに

新年あけましておめでとうございます。
皆さまには、ウィズコロナ時代の新しい日常を展望しつつ、穏やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
また、この年末年始も奮闘されている医療・介護従事者の皆さま、ご家族の皆さまには心からの敬意と感謝を申し上げます。本当にありがとうございます。
「希望のあした」を見定めて、新年の抱負を述べさせていただきます。

第一に、「新型コロナ感染の克服」に総力をあげて参ります。誰もが感染しても不思議でない今、更なるPCR検査体制を充実させ、スムーズなワクチン接種を図って参ります。そして、重症化リスクを軽減し、万全の医療体制を整備して参ります。

第二に、皆様の生活を維持するために雇用を守り、中小企業の資金繰りを支援して参ります。「誰ひとり取り残さない」との思いで、生業と事業を支えて参ります。

第三に、地域の活性化に全力で取り組んで参ります。ナショナルサイクルルートに指定された「つくば霞ケ浦りんりんロード」を、ワクワクするような創意工夫で活用し、国内外から集客できる日本を代表するサイクルツーリズムの聖地にして参ります。 令和3年は、コロナ禍の苦闘の一年かもしれません。しかし、この悪戦苦闘を突き抜けて、コロナ克服の決勝点を目指して参りたいと思います。

「希望のあした」を八島いさおと一緒に作って参りましょう。どうぞ宜しくお願い申し上げます。