【かまくら】小正月を祝う雪洞の家、キャンドルの明かりは、寒さに灯る命の輝き。

 20年ぶりとも言われる記録的な大雪となりました。
 JR常磐線、常磐道、圏央道も運行や通行が不能になるなど市民生活に大きな被害をもたらしました。また、停電があった事に驚きがありました。今更ながら、雪に弱い首都圏となりました。
 さて、そんな中、私の住む土浦市永国のご近所のご主人は、丹精込めて「かまくら」を造ってくださりました。
 秋田県や新潟県の小正月の伝統行事であり、「かまくら」は、「家」、そして祭壇には水神を祀ります。
 奥様が、キャンドルを灯して、「かまくら」に命を吹き込みました。寒さの中に、温かい命が宿ることで、心が洗われるように感じます。
 

122

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。