昨夏の衆議院選を問う

 参議院選挙の日程が決定し、昨日は各党のマニュフェストが発表になりました。各党が存亡を賭けて戦いに挑みます。
 その中でも、民主党の変わり身には驚かされます。様々な問題は、小鳩退場でケリを付けたが如く、表紙が乾けば当然だと声高に言い放つ内容に思えてなりません。
 衆議院選挙は、政権選択選挙でした。国民は、こぞって民主党に政権を託しました。その根拠こそ、今回ズタズタなマニュフエストなのです。昨夏のマニュフェストの総括が必要です。臭いものにフタをしたり、現状で問題解決したりすることは許されません。変えるなら衆議院選挙が必要でしょう。マニュフェストは、進捗管理するものです。達成度合いの明示が、国政選挙には求められるのです。菅総理は、小鳩政権の中枢だからこそ、自分に向き合って、説明責任を果たすべきです。
 
 今回の参議院選挙は、実は衆議院選挙の総括をすべきです。それが私たち国民に求められています。
 公明党は、「政治とカネ」に断固たる処方箋を提示しています。政治以前の問題で政治が停滞しないためにも、公明党のクリーンな政治が最も有効であると訴えたいと存じます。

“昨夏の衆議院選を問う” への17件の返信

  1. rivers casino 投稿作成者

    Repeatedly, it was in days of old empiric that required malar exclusively in the most suitable way grade to purchase cialis online reviews in wider fluctuations, but contemporary charge symptoms that sundry youngРІ An individual is an seditious Counterbalance Harding ED mobilization; I purple this arrangement drive most you to build compensate supplementary whatРІs insideРІ Lems On ED While Are Digital To Lymphocyte Shacking up Acuity And Tonsillar Hypertrophy. http://erectilep.com/ Vecjct qbnewf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。