【土浦点描】「蘇鉄」も寒さに耐え兼ねて、家人の優しさで「冬ごもり」の藁を身にまとい。

 「ソテツ(蘇鉄)」の冬ごもり。ソテツは、夏に青々しい葉を伸ばして南の国の雰囲気を私たちに味わせてくれます。
 南国の木は、冬は苦手ですね。寒さに耐えられるよう完全防日の藁を纏いました。ここでは、水稲6畝分の藁が使用されています。家人の優しさが青空に映えています。
 松の木ならば「こも巻」として害虫駆除のために行われますが、蘇鉄ですから防寒対策と言えるでしょう。
 暖かくなると「敷き藁」に転用するとも聞きました。日本の農業にはムダがないなと教えられました。
 

002

 

003

 

004

“【土浦点描】「蘇鉄」も寒さに耐え兼ねて、家人の優しさで「冬ごもり」の藁を身にまとい。” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。