【県議会】多数の傍聴、委員会質疑準備、決算委員会に期待。

 今夜は、台風15号の首都圏直撃により、土浦市内も大雨大風に見舞われました。
 つくば市他のように停電はしませんが、各地で木が倒れ、道路には小枝や葉が吹き飛ばされています。
 今晩は、夜半の外出は避けて欲しいと思います。このブログを書きながら霞ヶ浦の水位を心配します。霞ヶ浦の堤防は、東日本大震災の簡易復旧であり、必ずしも大水による水位上昇に堪えられない箇所があるやもしれません。台風がもう少し去ってから見回りしたいと思います。午後8時記
 今日の県議会は、一般質問二日目。四名の質問がありましたが、今日四名とも後援会や支援者の多数の膨張がありました。この台風の中をお越し下さる方を見ると選挙を通しての支援のすごさを感じます。
 一般質問は、議員として花道でもあるようですから、選挙支援の結果としてお見せしたいですよね。公明党は余り同様なことがないので、これからは支援者のお心の形を考えても良いかもしれません。
 さて、明日は、私の一般質問デビューです。原稿はできましたが、登壇して質疑することは今のところ状況が想像できません。どうなることやら。それでも、信ずる道を行くという覚悟で臨みます。
 また、来週の委員会質問の準備も始めました。一般質問では、所属する総務企画委員会の質疑を避けました。一般質問の中では、同じ質問を別角度からお聞きしたいものもあります。内容は、明日の執行部回答によって変わります。その意味からも、執行部回答に期待を寄せています。
 更に、明日の本会議では、決算委員会の設置や委員長副委員長の決定がなされます。今回、私が会派の代表として決算委員会に加わりますので、私にとっての新しい県議会審議への興味と期待があります。
 予算対比の決算には、県の事業執行の姿がまず金額面から分かることでしょう。決算とは何かとは、予算とはなんだったのかに他なりません。財務診断のような目で見てもいいかなと思います。
 これから霞ヶ浦周辺に参ります。今日のブログはこの辺にさせて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。