【敬老祝賀会】高齢社会は、「幸齢社会」、父母を敬いて日本の心と地域の連帯が生まれるを実感。

 昨日(9月8日)は、多くの行事がありました。
 土浦市立中学校の体育祭、各地の敬老会、土浦市商工会議所等主催の講演会、支援者団体の政治学習会、告別式等々充実の一日でした。
 まず、特別養護老人ホーム憩いの里の敬老祝賀会に出席致しました。この憩いの里で、親切で万全なケアの中でお元気な皆さんにお会いしました。最高年齢103才との事、又88才の米寿を迎えた人生の大先輩のちゃんちゃんこ姿も高齢社会の恵まれた世界として受け止めて参りました。
 023
 また、私の生まれた地域である土浦市田村町の「敬老祝賀会」にも出席してご挨拶させていただきました。
 多くの方のお顔が懐かしく、又県議選でお世話になった方ばかりで、昨年に引き続くお元気な姿を拝見できることはこれ以上にうれしいことはありません。
 敬老会を支える田村町の皆さんも、食事の準備や、敬老会を楽しんでもらえる企画など、本当に時間と労力を敬老会のために費やすことに深く敬意を覚えます。
 先輩を敬う、親を敬う、先祖を敬うことができるからこそ地域は穏やかに生活しやすい形成されます。羨ましい田村町を作る皆さんの御礼申し上げたく感じます。
 027
 030
 034
 039
 045
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。