【水郷イルミネーション】「希望の光」「光の絆」凛とした寒さも、光の眩さも、今日一日のご褒美だ。

 霞ヶ浦総合公園の新しい風物ができました。「光がつくる“Art”水郷イルミネーション」です。
 公園を象徴する風車も化粧直しが終了し、凛々しく聳える足元を土浦らしいモチーフで光が彩っています。
 三段の花火を形作り、満開の桜をイメージさせる。更に、冬のチューリップ「アイスチューリップ」を配して、6,000この光が土浦絵巻を形どります。
 協賛金を集め、土浦市の活性化に努力される同推進委員会は、「訪れる皆様にとって、この灯火が『希望の光』となり、勇気と喜びに満ちた『光の絆』になっていただければ」と挨拶されています。
 来年は、これに倍するイルミネーションを。それは、今年より多くの方のご来場にかかっています。是非ともご覧ください。今日もカメラを片手のカメラ愛好家の皆さんも、クリスマスを楽しむお子さんととにのご家族も、そしてカップルもいらっしゃいました。
 夜の寒さを感じるからこそ、恋人や家族の温かさを一層感じるものです。こんな日は、凛とした寒さもいいものです。
 114
 093
 100
 105

“【水郷イルミネーション】「希望の光」「光の絆」凛とした寒さも、光の眩さも、今日一日のご褒美だ。” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。