【市民体育祭】三世代が集い、地域の絆が深まる体育祭。参加者、運営者に敬意と感謝の体育祭。

 天候にも恵まれ土浦市内13ケ所では、地域の秋野一大イベントの市民体育祭が開催されました。
 なかでも上大津地区内の市民体育祭は、上大津村と土浦市合併60周年記念の体育祭と銘打って盛大に開催されました。
 地区対抗に闘志を燃やし、地区の名誉を掛けて優勝を目指す真剣勝負が繰り広げられました。「勝てば嬉しい、負ければ悔しい。そして、終了後の反省会で盛り上がる」が大事ですね。
 菅谷地区では、各年別リレーで小学一年生がいないため幼稚園年長の児童が一年生として出走。ハンデが必要と20メートル前からスタートし一等賞でバトンを渡しました。
 また、高齢者の玉入れは、終了の合図が鳴っても競技が止まらず審判を四苦八苦させました。すると、「高齢で、耳が聞こえないのは仕方ない」と。和やかな甘いルールが何より嬉しい体育祭です。
 

185

 

188

 

196

 

204

 

213

 

221

“【市民体育祭】三世代が集い、地域の絆が深まる体育祭。参加者、運営者に敬意と感謝の体育祭。” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。