【花の展覧会】四季を彩るとっておきの花景色、茨城のおもてなしの心を届けたい。

  第64回関東東海「花の展覧会2015」が東京池袋サンシャインシティ文化会館で盛大に開催されました。
 今回は、茨城県が当番県として開催運営するもので、そのテーマを「四季を彩るとっておきの花景色~ようこそ、いばらきへ~」が特別展として光りました。
 茨城県特別展示は、自然豊かな茨城県の美しい景色を観光名所と代表的な花々をもって四季の彩りを表現しています。これだけの種類と数をこの時期に見事に咲かせた努力は高く評価できます。茨城県のおもてなしの心を感じられる素敵な構成になっていました。
 この博覧会は、1都11県の花卉生産者の自慢の切り花や鉢物の品評会であり、全10部門約2000点の花が展示されました。さらに、フラワーデサ゜インコンテストや花の装飾品など、花の素晴らしさの発展が望めます。
 成熟の時代に入り、心の豊かさが大切な時を迎えました。花を見て心が和まない人はいません。素敵な花々をもっと家庭の隅々まで届けていく、そのために花卉栽培技術の向上と産業としての発展を目指すために、茨城県の花の生産向上に努力したいと思います。
 

005

 

011

 

012

 

016

 

017

 

021

 

023

 

045

“【花の展覧会】四季を彩るとっておきの花景色、茨城のおもてなしの心を届けたい。” への22件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。