一般質問で「筑波水郷サイクリングロードの整備」を訴える


 3月7日に行った一般質問から、水郷筑波サイクリングコースの環境整備についての質問を掲載します。
 つくばリンリンコードと霞ケ浦サイクリングロードを一体的に再整備しようという「水郷筑波サイクリングコース」整備が、公明党の強い主張のもと進んでいます。完成すると、総延長180km、ほぼ全区画が平坦で、豊かな自然や歴史・文化を堪能できるコースとなります。わずか1時間あまりで都心からアクセスできる利便性など、日本一のサイクリングコースとなる可能性を秘めていると確信しています。
 この質問を行うにあたって、愛媛県今治市と広島県尾道市までの「しまなみ海道」の約40kmを実際に自転車で走破して、サイクリングロードのあり方を実感してきました。

“一般質問で「筑波水郷サイクリングロードの整備」を訴える” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。