心の強さ、チームへの献身。創大人間野球は人間力と団結力が根本にある。

 今年、母校創価大学から、2人のプロ野球選手が誕生します。
 田中正義選手(福岡ソフトバンクホークス)と池田隆英選手(東北楽天ゴールデンイーグルス)の2人です。
 2人が語る創大硬式野球部の魅力と実力に学ぶべきことが多くありました。
 創大野球部の魅力を、田中投手は「人間野球そのものです。野球人である前に人としてどうあるべきか。一流の人間になりたければ、常に一流の物に触れ、高みを目指していく」と語り、池田投手は「試合に出る、出ない②かかわらず、また勝っても負けても、自分はどうあるべきかを常に考える」と述べました。また、佐藤コーチは「人間力と団結力」と語りました。
 投手というポジョンについて、池田投手は「心の強さ。常に、堂々とマウンドに立てる精神状態であることが大事」と、田中投手は「気持ちが一番大きい。弱気だとどこに投げても打たれる。技も大事だけれど心で勝つことが大切」と指摘しました。
 そして、佐藤コーチの、「自分のためだと限界がある。周りの人のため、チームのために努力する」との話しを受け、田中投手は「沢村賞を取る」と、池田投手は「信頼されるピッチャーを目指す」と決意を述べました。
 

2017年01月19日19時26分59秒0006

 

2017年01月19日19時26分59秒0007

 

2017年01月19日19時26分59秒0008

 

2017年01月19日19時26分59秒0009

 

“心の強さ、チームへの献身。創大人間野球は人間力と団結力が根本にある。” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。