【県要望】国道354号整備促進を県土木部長に要望。

 本日は、茨城県知事宛の要望書を地元土浦市他の市町村長さんとともに提出して参りました。
 要望書は、知事の代理として後藤土木部長宛に中川土浦市長が手交したもので、国道354号整備促進協議会の要望書です。
 国道354号は、茨城県鉾田市と群馬県高崎市を結ぶ東西に伸延する基幹道路であり、茨城県内では、古河市・境町・坂東市・常総市・つくばみらい市・つくば市・土浦市・かすみがうら市・行方市・鉾田市が該当する距離の長い県管理の国道です。
 特に今回は、①境岩井バイパス ②岩井バイパス ③谷田部バイパス ④谷田部東拡幅 ⑤土浦バイパス ⑥北浦バイパスについて、地元首長の皆さんの要望が届けられました。
 私は、先の一般質問で同354号土浦バイパスについて質問しており、答弁も引き出していることから、更に完成の前倒しをお願いするものです。
 すべてにおいて、県は必要性を認識して対応しているようですが、都市計画策定や土地買収、予算捻出等の課題も多く容易に進展するものでもありません。しかしながら、厳しい予算の中から効果の高い地元希求の高い路線から何としてもの整備をして欲しいと考えます。
 東日本大震災においても道路という動脈の整備が救援物資の運搬のみならず防災の観点からも見直されました。その意味からも県土木部の手腕を発揮して欲しいと念願します。
  DSCN1362

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。