【戦没者追悼】戦争の本質は「奪命」の魔性に他ならない。いまこそ「命」の大切さを徹底して教え学ぶべきだ。

 茨城県戦没者追悼式が、厳かに茨城県県民センターにて開催されました。
 先の大戦にあって亡くなられた方々に心から哀悼の意を表し、併せて昨年の東日本大震災で亡くなられた方々のご冥福を祈る時を過ごさせていただきました。
 私たちの決意はね「不戦」です。それは、67年の時を経て、戦争が形を変えて、命の存在を危うくしているように思えます。
 原発も放射能も、いじめも無関心も、陰湿にそして悲惨な状況にあるのかもしれません。
 戦争の本質である「奪命」としう悪魔は、今も形を変えて迫ってきます。命をこれ以上なく大切にすることは「不戦」を誓うことと思います。
 065

“【戦没者追悼】戦争の本質は「奪命」の魔性に他ならない。いまこそ「命」の大切さを徹底して教え学ぶべきだ。” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。