【追悼式典】悲しみを分かち合い、励ましの声をかけ、希望の曙光を探して今日の一歩をしるしたい。

 東日本大震災から二周年の今日、各地で追悼の式典等がありました。茨城県も東日本大震災二周年追悼・復興祈念式典を県庁舎9階講堂で開催。
 天皇陛下がご臨席される国追悼式と中継して、午後2時46分に心から追悼の黙とうを奉げました。
 茨城県の式典は、橋本知事の式辞、県議会議長、市町村会長の追悼の辞に続き、県立鉾田第2高等学校3年飯塚絢子さんが、震災後動向写真部として取り組んだ活動を通して、人の絆と励ましにより更なる復興を誓いたいと述べました。また、復興のプロジェクトとして茨城大学がリードした「天心・六角堂プロジェクト」の報告もあり、茨城県が着実に復興の道を歩んでいることを感じさせました。
 次いで、土浦市立土浦第2小学校合唱団の美しく心にしみわたる合唱があり、改めて震災の犠牲になられた方々の安らかならんことを祈念しました。
 その後参列者の献花があり、追悼と復興の式典は終了しました。
 時と共に進む復興と、手から離れ行く故郷。東北の皆さまの現在の議日しい環境に心を痛めます。今日また家族や親せきや迂遠の方々を亡くした悲しみに包まれておられると思います。心から哀悼の意を奉げたいと存じます。
 011

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。