【ドリンクラリー】食べて、飲んで、ハシゴして、5軒。新しいお店の開拓と発見の喜びに楽しい一夜。

 昨晩は、土浦商工会議所が主催する「まちなかドリンクラリー『がんBARゅばる土浦!』 食べて!飲んで!ハシゴして!5軒」に市議の皆さんと共に参加して楽しんで参りました。
 前売り券3000円を購入し、ハシゴマップで準備。5枚綴りでABの二種類、参加店62軒を二手に分けてバランスよくハシゴできる仕組みです。今回は、4月19日からの3日間であり、各店の開店状況確認も、ドリンクラリーなればこその楽しみです。
 私たちが最初に入店した駅前の二階「らい麦(らいむ)は、絶対に原価割れしているサービスで、こちらかが恐縮してしまうほどでした。また、ここで久方ぶりの知人に出会うなど幸先の良いスタートでした。やはり、一枚600円換算ですから、おつまみのレベル感が大事ですね。
 また、次に暖簾をくぐった蕎麦屋さんは、全く手抜きなしでおいしく頂きました。蕎麦屋さんで一杯頂くのは、日本人のDNYを刺激します。ましてや、焼酎の蕎麦湯割りは如何ですかと誘われたの嬉しい限りです。皆でもう一杯のおかわりをしたのは言うまでもありません。
 こうしてドリンクラリーの一夜は過ぎていきました。
 商店街の活性化は、やはり人が集う事です。人が集う仕掛けが必要です。そして、心づくしのサービスをしてリピーターを地道に作り上げるしかありません。特に飲食店は、行きつけない所は敬遠しがちですから、このような仕掛けが初めての飲食店の扉を開けるキッカケになると思います。
 チケットには、帰りの代行料金割引券も付いていました。心を軽くする工夫が今後の継続になるでしょう。今後は、今回の成果をシッカリ分析して、お客のニーズに応え、より多くの店が儲かったと言えるようになりたいものです。次回も参加しようと思います。
 

“【ドリンクラリー】食べて、飲んで、ハシゴして、5軒。新しいお店の開拓と発見の喜びに楽しい一夜。” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。