【中学生バレーボール】ボールを追う、チームで戦う、勝ってうれしい、負けて悔しい、すべてが未来を切り開く宝だ。

 土浦環ライオンズクラブが主催する伝統の中学生バレーボール大会が、県南各地約50校が参加して盛大に開催されました。
 当初は、女子中学生の大会でしたが昨年から男子も加わりました。女子は25回の節目ある時を迎え、男子も2回目と充実してきました。
 ライオンズクラブの主催とあって、薬物乱用防止のアピールも参加者全員で唱和するなど意義を留め、じゃんけんぽん大会をぬいぐるみを争奪して参加者の心を一つにしました。
 中学生バレーボールを観戦して、心から生徒たちの成長と幸福を祈らずにいられません。1つのボールをあきらめずに追いかける団体競技とあって、皆を鼓舞する掛け声や、得点の喜び失点の悔しさとドンマイとの互いの激励、中学生の一つ一つの動作や行動に感嘆するばかりです。皆がチームとして互いを切磋するながてぐんぐんと成長するのだと感じてなりません。
 この中学生の成長に応える責任が私たちにあります。ゆっくり構えていては直ぐに追いつかれます。躊躇しては申し訳ないと思います。
 大切な大切な中学生をしっかりと見守りたいと決意します。
 023
 034
 067
 123
 117

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。