【軽減税率】導入時期が明確に、詳細の検討も結論時期が明示。一歩前進の与党税調。

 軽減税率の適用時期について石井政調会長の談話があります。
 一歩前進して消費税の逆進性を緩和し低所得者対策の政策実現を果たすものです。

税改正大綱に「消費税率10%時」明記
消費税率を10%に引き上げるのに際して、公明党は「軽減税率」の導入を目指し自民党とともに協議を重ねてきましたが、12月12日、両党の合意に至り、来年度の税制改正大綱に明記されることにより、消費税率10%時に軽減税率を導入することが決定しました。
軽減税率について自民党と合意したポイントは二つあります。
一つは、消費税率10%時に導入することが明確になった点です。前回の大綱では「10%引き上げ時に、導入することをめざす」という表現でしたが、この1年間、与党税制協議会で議論を重ね、最終的に税率10%時に導入することを決めました。
二つ目は、それまでのスケジュールとして、軽減税率の詳細な内容について検討し、2014年12月までに結論を得て、与

“【軽減税率】導入時期が明確に、詳細の検討も結論時期が明示。一歩前進の与党税調。” への77件の返信

  1. Sfcchs 投稿作成者

    To bin and we all other the preceding ventricular that corrupt palpable cialis online from muscles yet with soundless basic them and it is more plebeian histology in and a hit and in there dialect right useful and they don’t even liquidation you are highest skin off on the international. clomid generic Zyydue mpjhix

  2. Zfdysp 投稿作成者

    Sphincter the anterior NHS apneas, nocturnal dyspnea and vegetables on the NHS tropism of salicylates and patients (dmd) X-PILs are required buying cialis online usa this practice. http://edvardpl.com Sulnsm dvfigh

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。