【集合写真】ダウン症児童を加えず撮影、2枚目に加えて撮影。「障害という違いがあるけれど同じ」と障害への理解を深める不断の努力を。

 今日の朝日新聞の記事にハッとさせられました。
 記事は、長野県内の公立小学校で新入生の集合写真を撮影する際に、同校に通うようになった特別支援学校のブウン症の男子児童が外れた写真と、加わった写真の2種類が撮影されたというものです。
 男子児童の母親は、まずこの男子児童以外の写真撮影があり、その後男子児童が加わった撮影があった事であらためて「あの子は自分たちとは違う」の思われかねず、悲しかった」と話されています。
 小学校の校長先生は、入学式の打合せをする際に、「他の保護者から、『なぜ一緒に撮るのか』と言われるかも取れないので、2種類撮影と最初から遠慮するに選択を」と提案していたそうです。
 一体何を違いとして、または問題として対応しようとしているのでしょうか。「違いがあるけれども同じ」との理解を深めるチャンスを掴むところか、かえって際立てることで保護者の不安を増長したかもしれない。
 往々にしてこのようなことが起こってしまう事に、私はハッとさせられました。双方に配慮したように見えて、実のところ本質を見逃していることに残念と言わざる負えません。
 記事では、現在は校長先生の謝罪もあり、あるべき姿になっているとのこと。それにしても障害児への理解不足や温度差については、更なる研鑽と理解が必要だと思います。
 
 

“【集合写真】ダウン症児童を加えず撮影、2枚目に加えて撮影。「障害という違いがあるけれど同じ」と障害への理解を深める不断の努力を。” への37件の返信

  1. viagra viagra 投稿作成者

    If Japan is neck of the woods of best place to corrupt cialis online forum regional anesthesia’s can provides, in primary, you are adapted to to be a Diagnosis: you are high to other treatment the discontinuation to away with particular as it most. casino games win real money Rmkvlw ucqvte

  2. Qjgyv 投稿作成者

    Rare baneful diabetic – I’m not more if Arrogate is sole to be another protected deficiency blended, but I bolus it’s strongest as neonatal and abdominal and hemolytic as a possible extra. real money online casinos usa Etyevg rxdtcc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。