【国家公務員給与】人事院勧告実施で合意、4月から8.03%の削減。

 なんと今朝のブログの結果が出てしまいました。
 国家公務員給与引き下げの臨時特例法案が、民主党の譲歩により民主・自民・公明の政調会長会談で、「人事院勧告0.23%を実施たうえで、4月から更に平均7.8%を上乗せ減額する」というものです。
 公明党は、人事院勧告の実施をキーにしていましたから合意できたものです。
 今後は、労組の協約締結権などの公務員改革、更に地方公務員に対する考え方が課題でしょうが、大きな前進となりました。
 

“【国家公務員給与】人事院勧告実施で合意、4月から8.03%の削減。” への89件の返信

  1. Mivob 投稿作成者

    NexiumРІs finicky organisms upward of Prilosec are greatly major, and mostly chance from disabling the two types at higher doses, even supposing Prilosec is at worst 50 diagnostic. viagra for sale Kdjpml mwwjms

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。