【ひまわり保育園】子供も親も大成長。別れの涙は、一生懸命の思いの証。この子達の未来を拓きたい。

 石岡ひまわり保育園の平成23年度第18回「卒園式・お別れ会」に出席し、お祝いのご挨拶をさせて頂きました。
 今回、卒園する子ども達は、6名。少ない人数ですが、保育園らしく一歳児から今日まで、ひまわり保育園に通う子ども達もいて、この子たちの生活そのものからのお別れの日となりました。
 子ども達は、大きな声で立派に挨拶を、保育園の先生にも、お母さんにも、多くの在園生にもできました。一人一人が、保育園の思い出と将来の夢も発表しました。
 ひかるさんは、看護師。
 心愛(ここあ)さんは、ピアニスト。
 健治君は、新幹線の運転手。
 勇樹君は、野球選手。
 璃月(りむ)ちゃんは、動物園の飼育員。
 藍夏(あいか)ちゃんは、お花屋さん。
  
 一人一人の夢が一杯でした。
 卒園する子供たちのお母さんの代表の挨拶は、「仕事の両立の中で、保育園が生活の一部でした。子供とともに親として成長させて頂きました」と話されました。
 園長先生も、一歳児からお預かりした子もあっという間に大きくなります。日々成長する子ども達。ご家庭の隅々までも分かりながら、子供たちの保育の範囲を超えて、一緒の悩みながら、多くの課題を克服してきました」と語りました。
 ♪まあるい きいろい ひまわりさんが おおきな おこえで よんでいる みんな なかよく げんきよく おててつないで あそぼうよ あかいおやねの あかいおやねの ひまわりほいくえん♪
 と、ひまわり保育園の赤い屋根が印象的です。
 私は、未来を託す頼もしい卒園児に、今日のはれすがたが眩しく見えます。明るく元気な皆さんがいれば安心です。思いっきり遊び、思いっきり勉強してください。皆さんの活躍の未来を拓きまするお約束します。と挨拶させていただきました。
 これが私の本音です。この子たちの未来を親として、又負託を受けた議員として果たしていきたいと決意し、発表して参りました。
 019
 028

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。