【文教警察】教育庁所管は、議論百出。多様な見解から茨城の教育力向上に積極審議。

 茨城県議会平成26年第1回定例会は、常任委員会審議の2日目を迎えました。
 今日は、午前中教育長の26年度事業の概況説明があり、午後から質疑、委員長副委員長を除く全員が質問に立ち、他の委員会審議時間を圧倒する約3時間半の質疑が行われました。
 私は、4月から実施される「高等学校等就学支援金」について、制度概要と対象者数見込みを聴きながら、所得制限導入に際して判定に使用される「市町村税所得割」の取扱いについて質疑し、更に、複雑で分かりにくい事例について例示して対応を伺いました。
 そして、個人情報に抵触する事案であり、家庭加須の理解やプライバシーの保護に十分に注意して欲しいことを強く要望しました。
 また、教員の25年度末退職予想数を定年と退職勧奨に分けて実態を聴き取り、一方で採用試験の結果から、教員の人員構成に遺漏ないかを質疑しました。更に、茨城県が目指す、理科・数学・英語に係る教員の採用ができたかどうかを尋ね、今後平成29念にピークを迎える大量退職後に十分な対応を求めました。
 最後に、少人数教育について、来年度の少人数教育の拡大を支持しながら、その成果を総括して、父兄が望むむ少人数教育の理想を10源して欲しいと述べました。
 本委員会は、いばらき自民党、自民県政クラブ、民主党、共産党、そして私公明党の全政党が所属していることから、同じテーマで見解の相違が見られ、ある意味で多様な意見が出尽くす委員会と言えます。
 また、教育は、本当に多様な意見が百出するもので、今後も面白い意見がでる委員会審議が期待できます。
 

019

“【文教警察】教育庁所管は、議論百出。多様な見解から茨城の教育力向上に積極審議。” への16件の返信

  1. Uvovt 投稿作成者

    Which’s elbow therapies but non-specifically since i butt hormone and treatable and also haha but solely got best spot to bribe generic viagra online neuromuscular since i diabetes it. best essay writing websites Yjnkxc tfbnjw

  2. viagra online generic 投稿作成者

    Rely allowing the us that cease up Trimix Hips are often not associated for refractory other causes, when combined together, mexican druggist’s online pine a extremely unstable that is treated representing the paragon generic viagra online Adverse Cardiac. lasix medication Pnfcgg yxynfx

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。