【産業技術学院修了式】みずみずしい着想と発想で、ものづくりの現場でイノベーションを。修了生の未来に自己実現と社会貢献の輝きを。

 茨城県立土浦産業技術専門学院の修了式が執り行われ、私も祝辞を述べる機会を頂きました。今年の修了式は、昨年までなかった拍手での修了生見送りがあり、在校生やご父兄、そして教職員の皆さんの拍手が花を添えて弾みました。
 今年の修了生は、65名。全員が就職や進学を既に決定しており、いつもながら産業技術専門学院への企業の期待が分かります。特に、今年はデフレ脱却や景気の浮揚感があり、いつもより早く内定が出た生徒もおり、労働環境の明るさが分かります。
 さて、学院長は式辞で、「目標を持って実践的なスキルを身に付けてきた。職業人として社会人として「ものつくり精神」を持って、職場の人間関係の荒波を乗り越えて欲しい」と簡潔に話されました。全くその通りです。
 私は、新しい時代を切り拓くホープとして発想の転換を求めて、「マンションの10階に住む男性が、朝は10階から1階へ行くのに、夕方は必ず7階でおりる。これは健康のためではない。男性とは小学生の男の子だった。つまり、彼の手は7回のボタンまでしか届かなかった。ソチパラリンピックでは、アルペンスキー大回転座位という競技ある。片足を失って両足で立てなかったら、座って滑ればいい。その用具を開発しようとした。開発は、モノづくり、精度はコンピューター測定」を紹介し、新しい着想、発想の転換が、今のみずみずしい頭の皆さんならできる。新しいパワーでイノベーションを起こそう」と祝辞を述べました。
 彼らは本当に大切な人材です。ハローワークの所長は、「正規雇用と非正規雇用の差は技術だ」と述べました。職業人としての技術の基礎を学んだ彼らは、金の卵なのです。
 彼らの自己実現と社会貢献を期待してやみません。
 

010

“【産業技術学院修了式】みずみずしい着想と発想で、ものづくりの現場でイノベーションを。修了生の未来に自己実現と社会貢献の輝きを。” への31件の返信

  1. Izooth 投稿作成者

    Receiving diuretics (also generic viagra online РІprotruding discsРІ) take shown probability in my breast and subcutaneous amount that can place to resolution may or other groups. discount cialis Uusgyk egwmou

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。