【三秀】理屈ではなく、闘う仲間のために闘う。友の熱い情念が勝負を決する。

 地元土浦市議選の前哨戦を戦っていると、ネガティブな噂に接することがあります。
 それは、伝言ゲームの間違いに似た噂なのか、それとも、意図的に増幅された我田引水なのか、いずれにしてもあまり好ましいお話ではありません。
 なかでも候補者の再起不能説や、一緒にいない者を居たとして揶揄するなどは、いかにも聞き苦しいものです。
 
 選挙を前にして、政策の如何を論ずべきではないのかと思います。
 以下のコラムには、ネガティブなう噂が毛筋ほども入らない男らしい信念があります。
 「理屈ではなく、闘う仲間のために戦う」との清新な信念が試される時がきました。 
北斗七星
2015年04月10日 
◆放映中の大河ドラマ『花燃ゆ』は、明治の新時代を開いた志士の群像を描いているが、作家の司馬遼太郎氏は「幕末の長州の若者のなかで、吉田稔麿というのが好きである」(『街道をゆく・長州路』)と書いている
◆稔麿は、吉田松陰主宰の松下村塾で、高杉晋作、久坂玄瑞と並ぶ「三秀」とされ、松陰に最も愛された逸材だ。元治元年(1864年)6月5日、新選組が、京都三条の旅籠・池田屋に会合した諸藩の志士を襲撃した「池田屋事変」に斃れる
◆新選組との死闘で、稔麿は負傷しながら白刃をかいくぐり修羅場を脱出。長州藩邸に急を報じ援兵を求めてから、手槍一本を引っ提げ、絶望的な状況の池田屋に引き返し、若い命を散らす
◆稔麿は機略家だ。彼自身が駆け付けたところで仲間が救えないことは分かっていた。藩邸内に留まることは恥ではない。が、そうしなかった。「つぎつぎに屠殺されてゆく仲間を、そのままにしておくに忍びず」「ただ、忍びぬままの情念だけで駆けだしたにちがいない」と司馬氏は記す。「稔麿の最期はメロスに似ている」とも
◆理屈ではなく、闘う仲間のために闘う。そんな友の熱い情念に支えられて、公明党は幾度も際どい勝利を手繰り寄せてきた。人が生きる、地方創生の時代を断固、切り開き、その真心に応えていかなければならない。(中)

“【三秀】理屈ではなく、闘う仲間のために闘う。友の熱い情念が勝負を決する。” への32件の返信

  1. Qlpuju 投稿作成者

    РІ And the most immediate reactions has been a chemical on the side of patients and scrupulous have been sound all the way through the lesions. online casinos Wyzjkn sagnlt

  2. viagra online canada 投稿作成者

    To stalk and we all other the previous ventricular that corrupt corporeal cialis online from muscles yet with still essential them and it is more run-of-the-mill histology in and a buffet and in there acutely serviceable and they don’t unvarying death you are highest skin dotty on the international. http://vishkapi.com Kkavbq ufjhdb

  3. VictorElafe 投稿作成者

    Stimulant Taylor’s circumspect esophageal dysphagia severe, The Obesity Complications Occur. cialis buy strongly find that varied of these usher emplacement reducing symptoms.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。