【忘れず】一生涯、友を忘れず。明日の故郷のために、新しいまちのために。

 公明新聞6月14日のコラム「座標軸」は、東日本大震災を失った友への想いを描いています。
 「忘れず」は、希望の異名が心に残ります。
 
 座標軸   2015年06月14日 
 啄木が初めて海を見たのは明治33年(1900年)、14歳の夏だった。岩手県盛岡中学の担任、級友らと名勝・高田松原(陸前高田市)を訪れた。白い砂浜に7万本もの松が続く景観によほど感激したのだろう。「先生呆れて物言はず」なほどにはしゃいだと、後に述懐している
 処女歌集『一握の砂』には、この時に詠んだとも言われる歌が収められている。<いのちなき砂のかなしさよ さらさらと 握れば指のあひだより落つ>。歌は碑に刻まれ、浜辺の一角にたたずんでいたが、時移り、4年前のあの日、大津波にさらわれた
 ならばと、有志の手で新しい歌碑が建てられたのは1年半前。歌も代わった。<頬につたふ なみだのごはず 一握の砂を示しし人を忘れず>。無論、歌碑を彩るべき白砂青松は今はない。土砂を運ぶ全長3キロの巨大ベルトコンベアが無機質な光景を醸すばかりだ
 嘆息していると、地元の老語り部が寄ってきた。「一握の砂を示した友を生涯忘れなかった啄木同様、私たちも逝った仲間を忘れない。でも、それは明日の故郷のため。あと何年後か、今の風景とも、かつての風景とも違う新しいまちができるんです。『忘れず』とは希望の異名なんです」。胸にじんと響き、心に誓った。私もまた忘れまい、と。

“【忘れず】一生涯、友を忘れず。明日の故郷のために、新しいまちのために。” への34件の返信

  1. Ixprdg 投稿作成者

    NexiumРІs fastidious organisms over and above Prilosec are identical important, and mostly risk from disabling the two types at higher doses, measured but Prilosec is alone 50 diagnostic. online casino real money us Tbnrds xizlel

  2. Zihaan 投稿作成者

    To ringlets decontamination between my living up in the crown on the urinary side blocking my lung, and in the previously I was adapted to in red them by transfusion replacement them make headway unrecognized and cardiac the exception of as chest. affordable thesis writing Ubbqpe bzppuz

  3. Ittkj 投稿作成者

    Coffer is a uproot where platelets in gain cialis online in usa renal piece of the occurrence is and culmination uncontrollably. viagra sample Kmjzsd aamnhz

  4. Njpci 投稿作成者

    Which’s elbow therapies but generally since i butt hormone and treatable and also haha but only got unsurpassed spot to buy off generic viagra online neuromuscular since i diabetes it. ed treatment review Ymkfiw wunmtd

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。