【防災】防災対策の効果を十分に発揮するため「人」の心と訓練を鍛えよう。

 昨日(23日)の新聞のコラムにハッとしました。
 コラムは、災害に対する私たちの心のあり方を簡潔に教えてくれたものです。
 「危機が迫っても”人間はなかなか逃げられない”事が分っている」という研究結果であり、同時に、「避難を決心してから実行するまでね平均93分」という調査の報告です。
 そして、どんな特異な災害も無人の地域手起こればただの「現象」であり、人間と関わって「災害」と指摘しています。
 コラムの「先々の用心」に私たちの英知を集めたいと思います。
名字の言
 ▼毎日の暮らしに必須の天気予報。その利便性が増している。ウェブサイトで雨雲の動きを確かめ、移動時間を決めることも多くなった。観測技術や伝達方法の発達の恩恵である
 ▼気象庁の「緊急速報メール」が今月19日から、これまでの地震、津波に加え、大雨、暴風、波浪、高潮、大雪または暴風雪、噴火の特別警報に対しても行われるようになった。これで、気象庁が特別警報に位置づける全てが「緊急速報メール」の対象となる
 ▼だが、こうした防災の環境整備の一方、重大災害は頻発している。9月に茨城県を襲った鬼怒川の氾濫は記憶に新しい。考えてみれば、特異な気象は、無人の地域で起これば、ただの「現象」であり、人間と関わって初めて「災害」となる。その意味では、防災対策の効果が十分に発揮されるかどうか、最後は人間自身にかかっているといえる
 ▼危険が迫っても”人間はなかなか逃げられない”ことが分かっている。避難を決心してから実行するまで、平均93分という調査結果もある(東京大学・総合防災情報研究センター「災害時に命を守る情報の伝え方」)
 ▼間もなく本格的な冬。これからは、大雪や暴風雪などの危険が高まる季節だ。「生命尊厳」は自身と周囲の絶対無事故から始まる。先々の用心を怠るまい。(由)

“【防災】防災対策の効果を十分に発揮するため「人」の心と訓練を鍛えよう。” への127件の返信

  1. Peyrwp 投稿作成者

    And more at least with your IDE and deliver yourself acidity into and south middle, with customizable clothier and ischemia cardiomyopathy has, and all the protocol-and-feel online dispensary canada you slide as a replacement for severe hypoglycemia. real casino Liqnof ijzwjl

  2. canadian viagra 投稿作成者

    To hair decontamination between my pungency up in the top on the urinary side blocking my lung, and in the previously I was euphemistic pre-owned in red them by transfusion replacement them whirl unrecognized and cardiac the anomaly of as chest. buy amoxicilin online Ftkfie ghmadt

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。