【電源三法交付金】今年も昨年同様の交付金申込???

 本日の新聞各紙には、原子力発電所な゛が立地する自治体に交付される国の交付金について、県と東海村、大洗町が、今年度分の申請を行ったことが報道されました。
 新聞のかきかたは、「脱原発」を唱える東海村の村上村長の「制度と主張は別」との考え方と、「カネで地方に負担を押し付けることは疑問」と書き、「本交付金等は将来的には期待できない。長期的には交付金に頼らないことが望ましい」とも記載している。
 茨城県は、前年度とほぼ同項目を申請したという。いわゆる「電源三法交付金」の実績は98.6億円。下記に、その内訳を記載したい。
 1.電源立地地域対策交付金       73.4億円 県17.2、市町村23.5、その他32.7
  ①初期対策交付金             0.5億円
  ②電源立地促進対策交付金       0.8億円
  ③水力発電施設周辺地域交付金    0.2億円
  ④電力移出県等交付金         19.9億円 県16.4、市町村3.5
  ⑤原子力発電施設等長期発展対策  14.1億円       市町村14.1
  ⑥原子力発電施設周辺地域交付金  37.9億円       市町村5.2、水戸市32.7
 2.電源立地推進対策交付金(補助金) 19.8億円 県9.8、市町村4.5、その他5.5
  ①高速増殖炉サイクル技術研究開発推進4.0億円      市町村4.0
  ②原子力発電施設立地地域共生交付金 1.0億円 県1.0
  ③放射線利用、原子力基盤技術試験研究2.2億円 県2.2
  ④日右方、安全等対策交付金       0.8億円 県0.4、市町村0.4
  ⑤原子力・エネルギーに関する教育支援 0.2億円 県0.1、市町村0.1
  ⑥電源地域産業育成支援補助金     0.6億円
  ⑦原子力発電施設等周辺企業立地推進37.9億円 市町村5.2、水戸市32.7
 3.原子力市津島防災対策費         5.4億円 県5.4
  ①放射線監視等交付金           4.4億円 県4.4
  ②原子力発電施設等緊急安全対策   1.0億円 県1.0
 さて、これらの交付金は、まず実際の交付されるのでしょうか。金額は変更はどうでしょうか。何よりもこれらの交付金の性格はなんでしょうか。お金に色はないものの、使う人により大きな効果や失敗を生み出します。
 如何にも電力会社の地域対策であり、この資金が安全神話の骨格になっていると考えますと、複雑な思いです。
 

“【電源三法交付金】今年も昨年同様の交付金申込???” への14件の返信

  1. Gxofr 投稿作成者

    Plasma, around 12 of all men with Hypertension prepare low doses of the washington university and, which is needed suited for airway all in one piece breathing. viagra prices Mbxnjc wrfdyu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。