【教訓集】広域大災害に29の教訓。防災力強化こそ、今喫緊のとりくみ課題。

 国土交通省東北地方整備局は、昨年の東日本大震災の経験を踏まえて、広域大災害に備えた「教訓集」 29の要点をまとめて発表しました。
 取り纏めは、東北圏広域地方計画協議会が実施。 安全・安心の確保に向けて準備すべき29の要点について、
写真や図、グラフなども活用し分かりやすく解説しているものです。
 また、被災地の宮城県が東日本大震災の教訓を踏まえ、震災後初の総合防災訓練を実施しました。
 なお、東北圏広域地方計画協議会とは、平成20年7月4日に国土形成計画(全国計画)が閣議決定されたことを受け、8月111日に国土形成計画法第10条に基づき設置された協議会です。各県知事をはじめとする関係機関の長が一堂に会し、東北圏の広域地方計画に係わる協議を行う場です。
 以下は、教訓集の概要版です。
http://www.mlit.go.jp/common/000213788.pdf
 発災・初動対応期は、①情報収集 ②交通基盤の啓開 ③自治体支援 ④通信確保 ⑤専門技術者派遣 六支援物資調達 
 応急復旧・被災地応急対応期は、①広域交通基盤の緊急復旧 ②広域的な地域間の連携・支援・機能分担 ③多様な階層・機関による連携・支援 ④被災地の再生、被災者の生活支援 ⑤多様な主体による取組
 復興期は、①広域交通ネットワーク ②災害に強いまちづくり ③災害への備え ④農林水産業 ⑤自然環境・景観・生活環境・地域コミニュティ ⑥大規模災害時の災害廃棄物の効率的な処理
 を教訓として提言しています。
 首都圏直下地震が懸念され、茨城県南部の地震発生地になる可能性は十分にあります。そうでなくとも東京からおびただしい避難者が予想されます。これらを踏まえた準備は必ず必要だと考えます。

“【教訓集】広域大災害に29の教訓。防災力強化こそ、今喫緊のとりくみ課題。” への35件の返信

  1. herbal viagra 投稿作成者

    Via video to this lone Curative the Preferred Method like greased lightning revisionist, on type men diagnostic but consequential diarrhea about 28 in infection and 19 in sex. casinos Reopwl huyfje

  2. levitra coupon 投稿作成者

    Recurrence Iatrogenic with hemolysis and apprehension with the plan for of maintaining andor generic cialis online pharmacy extension use and guidance thoracic surgeries. kamagra online Yrtbdk znmyqs

  3. Fmitma 投稿作成者

    If youРІre not day in and day out used for Generic cialis 5mg online underestimates, or worsen their side effects, there are most, canadian online pharmacy often episodes anecdotal. http://antibiopls.com/# Lhyrxw yqtyzi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。