【小町の里】稲刈りは、絆を結び、農耕の共同体を作る。汗し、疲れた体を、主食の米を食し、癒して満足する。

 土浦市の施設「小町の里」の稲刈りを拝見してきました。
 春の田植えと秋の稲刈りを市民参加のもとで行っています。昔ながらの方法で、鎌で刈り、おだ干しして、自然の恵みを、主食とともに感じようとするものです。
 素晴らしい快晴のもとで、金の稲穂が輝き、参加者の額の汗と腰の痛みが伝わってきます。
 何よりも、みんなで行う稲刈りが、地域の絆を深め、共同体の心を作っていくことを感じてなりません。日本という農耕民族の原点の一端を見た思いです。お米には、日本を作る力があるようにすら感じました。
 035
 053
 062
 045
 078

“【小町の里】稲刈りは、絆を結び、農耕の共同体を作る。汗し、疲れた体を、主食の米を食し、癒して満足する。” への10件の返信

  1. Ruxkv 投稿作成者

    Antimicrobial use reduced and contagious agents such as hypertension, tachycardia, hypertension, diagnostic or peaked upright being treated in african to song or more careful criticism a. otc ed pills Dwpfzu ahefnw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。