いよいよ「休眠預金」が公益事業に活用されます!

 かねてから検討されていた休眠預金(銀行預金で10年以上放置されている預金)が公益事業に活用されることになりました。公明党平木大作参議院議員が参議院に初挑戦するときから訴えていたものです。
 私は、元銀行員の感性として、実質的に使用されず銀行の雑役勘定に繰り入れられる休眠予期と言えども私有財産である以上権利の移動は難しいとの思いがありました。しかしながら、一方で公益性が担保され、異動後も真の預金者が現れた時に銀行が責任をもって返金するとなれば適う事案とも思っていました。
 そして、この1月から休眠預金活用法が全面施行されることになりました。公明党のアイデアが超党派の議員立法で成立したことに感動すら覚えます。
 以下は、1月5日つけの公明新聞の記事から詳細をお知らせします。
休眠預金で公益活動を応援   公明新聞:2018年1月5日(金)付
1月から法律が施行 10年間放置の口座活用 子ども・若者、生活困窮者、地方活性化など支援へ
預金残高がありながら、長期間放置されている「休眠預金」を、民間の公益活動に活用するための休眠預金活用法が1日、全面施行された。毎年発生している休眠預金を使うことで、行政の手が届かない社会的な課題に、きめ細かく対応できるようになると期待されている。
休眠預金の活用の仕組み休眠預金活用法は、超党派による議員立法として2016年12月に成立した。休眠預金を使って、福祉や教育など公益性の高い取り組みを支援することで、共助社会の担い手育成をめざしている。
活用するのは、09年1月1日以降に最後の取り引きがあってから、10年以上放置されている口座。19年1月1日時点から発生する休眠預金は、既存の預金保険機構に移管した上で、国が指定・監督する指定活用団体に資金として交付される。その後、指定活用団体は、公募で選んだ資金分配団体に助成・貸付を行う。現場で活動するNPO法人などに対し助成・貸付・出資を行うのは、この資金分配団体となる。実際には、19年秋ごろにNPO法人などに資金が届くとみられる。20180105_5[1]
休眠預金となった後でも、預金者が銀行などに払い戻しを請求すれば、預金保険機構から銀行などを通じ、元本とそれまでの利息分も含め返還される。
休眠預金の活用に際しては、透明性と公平性の確保が最も重要となる。現在、同法に基づく審議会で、活用に関する基本方針の策定に向けて議論が進む。活用の基本原則や指定活用団体が守るべきルールなどを含め、今年度内に取りまとめる予定だ。
休眠預金で後押しする団体の活動分野は(1)子どもや若者への支援(2)日常生活などを営む上で困難を有する者の支援(3)地域活性化などへの支援――の三つ。社会の変化に伴う新たな課題への対応も視野に、対象事業を幅広くしている。
現時点では、「児童養護施設入所者の進学支援と、退所者への共同住宅の提供」「障がい者の自立と社会参加を支援するためのベーカリー&カフェの運営」「高齢者の介護予防ストレッチの促進」などの活動がイメージされている。
福島市の県立医科大学付属病院で、がん治療などを受ける子どもと家族の滞在施設を運営する認定NPO法人「パンダハウスを育てる会」の山本佳子理事長は、休眠預金の活用について、「法的援助がない分野に取り組むNPOにとって、新たな支援の窓口が開かれることになり、とても貴重だ。多くの課題に社会の目が向けられる機会にもなる」と評価する。
公明が法整備を一貫してリード
公明党は、14年1月から休眠預金の活用について検討を開始。同年11月に検討プロジェクトチームを立ち上げ、NPO法人の現場関係者らからヒアリングを実施するなど、精力的に議論を重ねてきた。
一方、超党派議員連盟では、公明党が提案した「指定活用団体→資金分配団体→現場の団体」という活用スキームを反映した、自民・公明両党の有志による骨子案をベースに協議。16年12月の法律成立まで、一貫して公明党が議論を主導してきた。
英国 ネットで検索可能
休眠預金の活用は、海外の先進事例を参考に検討されてきた。
英国では2012年4月から、15年間取り引きのない預金について、協同組合銀行が管理する請求基金に移管して活用している。
現在は(1)低所得者などへの住宅提供(2)課題解決に向けた地域コミュニティーの形成(3)社会的課題が顕在化する前への対応――の3テーマに取り組む団体などに投資を行っている。
さらに、預金者保護の観点から、インターネットを通じて休眠預金をチェックできる検索システムを提供。休眠口座を簡易に探せるようにすることで、預金の返還に力を入れている。
01年に法律が成立し、いち早く活用を始めたアイルランドでは、15年間取り引きのない預金を国立財務管理局の休眠口座基金に移管。経済的・社会的弱者への支援、教育支援、障がい者への支援の3分野で活用している。
休眠預金
預金者が亡くなったり転居などに伴って、10年以上放置され、連絡が付かない預金を指す。毎年、新たに約1000万口の休眠口座が発生し、700億円程度が銀行の収入として計上されている。出入金などの取り引きがないまま9年以上がたち、1万円以上の口座残高がある預金者には金融機関から個別に通知される。

“いよいよ「休眠預金」が公益事業に活用されます!” への31件の返信

  1. Hqmcof

    Blood is a lucid foreign born from the most hospitalized through obtaining (or РІscoringРІ) the communal network symposium of malnutrition sedatives (Papaver somniferum). viagra online canada Sypfcz gglpfr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。