「太鼓を通じて郷土愛を継承」亀城太鼓保存会の活躍が素晴らしい!!

太鼓を通じて郷土愛を受け継ぐ——-地元の「亀城太鼓保存会」が、生活情報誌月刊「ろたす」の表紙と見開き記事に登場しました。 昨年11月には、天皇皇后両陛下やルクセンブルグ大公殿下と王女の前でも披露した亀城太鼓の皆さん。最高の思い出を作りました。 わかさぎ漁に出る漁師の力強さを表現した「霞ヶ浦」、筑波山から吹き降ろす寒風の厳しさを音色に乗せた「つくばおろし」。勇壮で独創的な創作太鼓の音色が、土浦市内のイベントの花とし 続きを読む →

八島いさおは、「総務企画委員会」「議会運営委員会」に所属して政策の調査や審査、そして円滑な議会運営に努めます。

「いばらき県議会だより」が皆様のお手許に届いたでしょうか。 昨日の新聞折り込みには、平成30年の茨城県議会の各常任委員会構成や各会派の基本方針などが掲載され、あらためて皆様に広報されたところです。 八島いさおの平成30年度は、「総務企画委員会」に所属いたします。 本委員会は、税財政、市町村振興、産業立地、地域振興、情報化などを調査審査する委員会です。 昨年に引き続き2年連続であり、あえて望んで総務企画委員会を希望いたしました。大井川知事 続きを読む →

「一人ひとりが輝く社会へ」公明党山口那津男代表代表質問

人が輝く社会 学び続けられる環境つくれ 少子高齢、人口減少社会の波が押し寄せるわが国は、重大な岐路にあります。 この大きな変革に、自民、公明の連立政権は果敢に挑戦を続けます。そして、一人一人が輝き、将来にわたって夢と希望が持ち続けられる社会を構築していく決意です。 人が輝き活躍できる社会―それは、高齢者も若者も、障がいや難病を持つ方も、すべての一人一人の持つ可能性や能力を最大限に発揮できる社会でなければなりません。 安倍内閣が進める1億 続きを読む →

JR東日本千葉支社のB・B・BASA(暴走バイシクルベース)に負けない常磐線サイクルトレインの運行を実現しよう。

JR東日本千葉支社の「サイクルトレイン」が、羨ましい。 愛称は、「B.B.BASE」は、列車愛称である「房総バイシクルベース」の略称。車両は、209系6両編成を改造し、1-3と5-6号車(全席99席)と自転車を置く「サイクルラック」設置し、4号車はフリースペース。 本年1月6日から運行開始し、旅行商品の発売も。サイクリングのモデルコースを紹介しています。 「サイクルトレイン」を何としても常磐線でも運行させたい。障害が何か、どうすれば克服 続きを読む →

生産性革命進化の年に、タブーなき議論で大胆と柔軟な政策を。

石井啓一国交大臣(公明党衆議院議員・北関東比例ブロック)の「石井啓一ネットワークニュースno47新春号」が届きました。 国交大臣として、国民の安全・安心こそ国土交通省の最も重要な使命であると述べ、「大災害は必ず発生する」との意識を社会全体で共有し、これに備える「防災意識社会」への転換に取組みたいと述べられています。 また、一昨年を「生産性革命元年」として、道の駅を活用した自動車の自動運転の社会実験などが具体化した次となる本年は、「生産性 続きを読む →

「一人にしない」独居高齢者に地域の力を、互助、共助のネットワークを。

地域のつながりが希薄化する中、そのあり方を本格的に見直す時ではないでしょうか。 国立社会保障・人口問題研究所が世帯数の将来推計を発表し、2040年には全世帯の約4割が1人暮らしになると予測した。晩婚化や未婚・離婚の増加が要因とあります。 とりわけ深刻なのは65歳以上の高齢者。40年に男性の20・8%、女性は24・5%が独居世帯となる見込みだが、配偶者も子どももいない1人暮らしの高齢者は、現役世代に比べて経済的に困窮しやすく、家族の支援も 続きを読む →

銀行カードローン貸付過剰は、利用者の生活破綻を助長す。金融の本義に立ち返ろう。

銀行の個人信用融資は、個人情報を集約するセンター照会により実行されている場合が多い。 銀行は、個人の与信極度残と利用残高を知ることができるがゆえに、一定のロスを前提に、利息収入とを比較して与信判断していると言えます。 つまり、個人責任のもとで、個人の金融破綻と銀行利益を図りながらリスクを取るという算段をしているとすれば、これは如何だろうか。 金利があまりにも低位である現在、個人融資はそれをバーする営業政策であることは間違いありません。 続きを読む →

災害対応にトイレトレーラーの活用を期待。県が設置する意義は十分。

 公明新聞には、各地の創意工夫ある施策が満載です。  そこには現場の知恵があり、実現力があるといつも勉強させられます。  きょうは、「トイレトレーラー」です。災害時に最も大切な設備がトイレであることは論を待ちません。時にね食料よりも大切であり、我慢が大きな疾病を呼ぶことがあります。さらに、本来、清潔であってこそ確保できる衛星環境にとってもトイレが重要です。  この記事では、  ① 快適なトイレがトレーラーによりどこへでも移動できる。   続きを読む →

維新150年。教育は国家百年の計であるがゆえに教育格差があってはいけない。

 明治維新150年は、茨城県から見れば、水戸徳川家に生まれた15代将軍、徳川慶喜が大政奉還を行ってから150年。明治維新の原動力に水戸藩がありました。  水戸藩を中心に茨城圏域は、幕末維新に大きな役割を果たしたにもかかわらず、薩摩や長州に比べて歴史的に見えづらい印象があります。  県立歴史館主任研究員の由波(よしば)俊幸さんは「幕末は、下級武士が天皇を動かすなど、例外的な状況が次々に起きた。多くの人にチャンスが開けた時代だが、こうした歴 続きを読む →

良い写真を撮るには、強靭な心、生命力を持つこと。清い心、純粋さを持つこと。

 私の心の奥底にある青春の光を瞬時に思い起こさせてくれる記事に出会いました。  聖教新聞り1月12日つけ3面の特集「〈青春譜――池田先生と綴る未来 創価大学〉第19回 写真部  「今」「この瞬間」を全力で  私も創価大学写真部の一員でした。  記事の場面は、私の卒業してから10年を経たものですが、写真部員として創立者池田先生のご来学の瞬間を撮影させていただく機会があり、全く同じ思いを共有するものです。  当時、私は写真部の暗室のあった松 続きを読む →